犬のおやつはいつから与えるべき?選び方とおすすめまで解説

子犬と暮らしている多くの方が直面するのが「おやつはいつから与えてよいのか」という問題です。

「たまには美味しいおやつで喜ばせてあげたい」
「でも子犬におやつをあげても大丈夫だろうか」

こんなふうに悩んでいる飼い主さんは多いもの。

結論から言うと、子犬にも成犬と同じようにおやつを与えることはできます。ただ、目安となる月齢や与え方があるので注意が必要です。

この記事では、愛犬に与えるおやつについて、与え方や選び方を解説しています。

  • おやつは何か月から与えていいの?
  • おやつを選ぶときの基準は?
  • おすすめの商品は?

こんな内容をご紹介します。愛犬のおやつで悩んでいる方の役に立ちますので、ぜひ参考にしてください。

子犬のおやつはいつから与えるべき?

犬のおやつは、間食として与える他、躾のツールとしても利用可能です。

子犬時代のおやつの適切な使用は、心身の健全な発育に繋がります。

では、具体的にはいつ頃から、どのように与えればよいのでしょうか。

この章では、子犬のおやつの開始時期と与え方について解説します。

  • 子犬におやつを与える時期は生後3ヶ月~4ヶ月程度が一つの目安
  • おやつは子犬の躾にも利用できる
  • 嗜好性の高いものは避ける

一つずつ順に見ていきましょう。

子犬のおやつは生後3ヶ月~4ヶ月くらいから与える

子犬のおやつをいつから与えるかは、個体差や犬種によって異なります。

一つの目安になるのが、生後3ヶ月から4ヶ月頃の「食事回数が成犬と同じになった」時期です。

子犬の間は、長時間の空腹は胃に負担をかけるものです。

少量のおやつは、消化器官の負担を軽減させつつ徐々に大人の食事回数に慣らすのに役立ちます。

おやつは子犬の躾に重要なツールの一つ

おやつは「胃腸の負担軽減」という目的で使用する他、躾のご褒美としても利用できます。

子犬の頃は、人間と一緒に暮らすルールを勉強する大切な時期です。

しかし、成犬と比べて言葉や態度で褒めても今ひとつ伝わりにくい時期でもあります。

こんなときに、美味しいおやつは子犬にも分かりやすい明確なご褒美になります。

指示に従ったとき、好ましい行動の報酬としてうまく活用していきましょう。

子犬のころは嗜好性の高いおやつは避ける

子犬にはつい美味しいおやつを与えたくなりますが、あまり嗜好性の高いものは避けた方が無難です。

たくさん食べておやつの味を覚えると、普通のフードを食べなくなることがあります。

子犬のおやつとしては「少量のいつものフード」「ニンジン、カボチャなどの野菜」を利用するのがおすすめです。

なお、ネギ類やニラなどは犬には毒となります。

野菜を与えるときは、食べさせても良いものか必ず確認するようにしましょう。

犬のおやつは何を基準に選べばいい?

犬用のおやつは各メーカーが日々商品開発をしているため、非常に膨大な種類があります。

「種類が多すぎてどれを選べばよいか分からない!」という方も多いでしょう。

愛犬に既製品のおやつを与えたい場合、何を基準に商品を選べばよいのでしょうか。

愛犬に合ったおやつを選ぶ方法はいくつか存在します。

この章では、代表的な以下の五つの基準を紹介しましょう。

  • 愛犬のサイズで選ぶ
  • グルテンフリーかどうかで選ぶ
  • おやつの用途で選ぶ
  • カロリーで選ぶ
  • 硬さで選ぶ

一つずつ詳しく紹介します。

愛犬のサイズで選ぶ

愛犬の体の大きさは、おやつ選びの一つの基準です。

特にガムやジャーキーなど、ある程度の大きさのあるおやつの場合、体に合わないサイズのものは喉に詰まるリスクがあります。

こういった「噛んで楽しむ」タイプのおやつは、パッケージに対象の犬のサイズが記載されています。

「小型犬用」「中型犬用」などと書いてありますので、愛犬にあったサイズのものを選んであげてください。

グルテンフリーかどうかで選ぶ

愛犬の体質によっては、グルテンフリーかどうかもおやつ選びの基準の一つです。

「グルテン」とは小麦由来のタンパク質の一種。

おやつやフードに穀類を使用している場合、原材料の一つとして含まれています。

グルテンは必ずしも犬の体に悪影響を及ぼすものではありません。

しかし、本来犬は肉食寄りの食性をしているため、愛犬の体質によってはアレルギーの元になる場合や、うまく消化できず下痢をすることもあります。

愛犬の体質を見て、体に合っていないようであれば、グレイン(穀類)フリー、グルテンフリーのおやつを選ぶと良いでしょう。

おやつの用途で選ぶ

「何を目的としたおやつなのか」も、おやつの種類を絞り込む判断材料の一つです。

たとえば、しつけのご褒美用なら与えやすくすぐに食べられる小さいものが良いでしょう。

ボーロタイプのおやつや、柔らかいジャーキーを細かくちぎったものが使いやすいです。

一方、ストレス発散を目的としているなら、長く噛める硬いジャーキーや骨ガムなどが適しています。

犬用のおやつには、それぞれ適した使い方があります。

どの種類がよいか迷った場合は「何に使いたいか」を整理してみると良いかもしれません。

カロリーで選ぶ

愛犬に適したカロリーからおやつを選ぶのも良い方法です。

というのも、犬は人間と同じように一日の適正摂取カロリーの目安があります。

おやつを与えるときは、肥満にならないよう摂取カロリーの調整が必要です。

おやつのカロリーは一日の摂取カロリーの10%~20%が上限と言われています。

10kgの犬であれば、摂取カロリーは以下のとおりです。

犬の消費カロリーとおやつのカロリー(体重10kgの健康な成犬の場合)

一日の摂取カロリー 630kcal
おやつのカロリー 60kcal~120kcal

この基準から判断すると、一般的な犬用ささみジャーキーであれば、一日の適正量は20gから40g程度が目安です。

愛犬に適したおやつの種類と量の把握は健康維持に役立ちます。ダイエット中の子であれば、ヘルシーなおやつを選んで摂取カロリーを抑えるなどの工夫も可能です。

硬さで選ぶ

犬のおやつは、食べやすいソフトなものから、長く噛んで楽しめる硬いものまで種類があります。

硬さを基準にしておやつを選ぶのも一つの方法です。

元気いっぱいの若い犬であれば、硬いおやつは歯や顎の健全な発達に役立ちます。

一方、子犬やシニア犬、歯の治療中の子には、食べやすい柔らかめのおやつが適しているでしょう。

愛犬の状態に応じてぴったりのおやつを選んでみましょう。

おすすめ商品

この章では、犬のおやつとして特におすすめの厳選五点を紹介していきます。

  • おなか健康ボーロ デリシャス
  • 無添加手作りささみジャーキー
  • 無添加良品 アキレススティック
  • かみかみチキン 砂ぎも
  • ペティオ 素材そのままさつまいも

それぞれおすすめポイントを紹介しましょう。

おなか健康ボーロ デリシャス

「おなか健康ボーロ デリシャス」は、与えやすく犬の健康に配慮されたおやつです。

製造過程で乳酸菌が配合されており、愛犬の腸内環境を整えてくれる効果があります。

小麦を含む7大アレルゲンが使用されておらず、食物アレルギーのある子や、小麦でおなかを壊してしまう子にも安心して与えることができます。

与えやすく噛みやすいボーロタイプなのも嬉しいポイントです。

しつけのご褒美やちょっとしたおやつとしても使いやすくなっています。

無添加手作りささみジャーキー

「無添加手作りささみジャーキー」は、安全性にこだわって製造された手作りのジャーキーです。

原材料には人間の食品材料と同じささみを使用しており、また「無添加」「無香料」「無着色」と添加物を排除して作られています。

なお、発売前にはメーカーのスタッフが試食しているそうです。

安全で無添加のおやつを探している方には特におすすめできます。

人の手でちぎれるほど柔らかく作られているので、「細かくちぎってフードにトッピング」「シニア犬のおやつに」といった使い方も可能です。

無添加良品 アキレススティック

「無添加良品 アキレススティック」は、無添加にこだわって作られたガムタイプのおやつです。新鮮な鶏のスジ肉を加工して作られています。

やや硬めの食感で長く噛めるため、歯のトレーニングやストレス解消に利用できます。

一応全犬種が対象の商品ではありますが、一つが細いため大型以上の子には少々ボリュームが足りないかもしれません。

大手メーカーであるドギーマンの商品のため、ペットショップなどでも入手しやすいのが嬉しいポイントです。

かみかみチキン 砂ぎも

「かみかみチキン 砂ぎも」は、ぽっちゃり体型の子や愛犬のカロリーが気になる飼い主さんにおすすめのおやつです。

名前のとおり鶏の砂肝を原料としており、低脂肪でカロリー控え目なのが特徴。

コリコリした食感で噛み応えが強く、楽しみながら食べることができます。

かなり固い商品なので、歯が未発達な子犬や歯の弱った子には与えない方が良いでしょう。

対象年齢は生後二か月以上です。

愛犬に固めのおやつが欲しいけれどカロリーが気になる、そんな方におすすめです。

ペティオ 素材そのままさつまいも

「ペティオ 素材そのままさつまいも」は、犬の大好きなさつまいもを丸ごと使用した商品です。

さつまいものほっこりとした甘味があり、嗜好性も高いためしつけのご褒美として適しています。

保存料・着色料を添加しておらず、さつまいもを主原料としているため小麦も含んでいません。

愛犬の健康に気を使いたい場合は特におすすめです。

やや硬めの商品なので「一歳未満の子犬」と、丸呑みできてしまう「大型犬・超大型犬」には与えないようにしてください。

まとめ

犬のおやつは、適切に使用すると躾や愛犬の健全な発達に役立つ便利なものです。

生後3ヶ月~4ヶ月くらいを目安に、少しずつ与えてみましょう。

既製品のおやつを選ぶ際は、おやつの用途や愛犬の体の状況などを整理し、適したものを選びます。

商品のパッケージにも「対象の犬の年齢」「体の大きさ」などが記載されていますので購入前にチェックしましょう。

おやつを選ぶ際は、今回ご紹介した基準も判断材料の一つになります。

様々な要素を考慮しながら、愛犬にぴったりのおやつを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です