愛犬に元気がない…と感じた時に試したい5つのこと

「最近うちの子大人しいなぁ…何だか元気がないかも?」

愛犬が普段と比べて元気がないという現象は、犬を飼っていれば誰でも一度は経験するのではないでしょうか。

犬の元気消失は「異常事態の現れの場合」と「自宅でケアが可能な場合」の二種類のケースがあります。

しかし、飼い主さん一人で判断するのは難しいことも多いです。

そこでこの記事では、愛犬に元気がないときのチェックポイントを紹介していきます。

  • 犬に元気がないときに異常事態かどうか確認する方法
  • 犬に元気がなくなるのはどんなときか
  • 獣医師に診てもらうかどうかの判断基準

などを紹介していきます。

愛犬の元気がない場合に原因を特定する一助となりますので、参考にご一読ください。

犬に元気がないと感じた時に確認すべきポイント

愛犬に元気がないときは、まず「ケガや病気などの異常事態かどうか」を判断する必要があります。

具体的にどういった点を見ればよいのか、チェックするポイントを5点紹介します。

  • ご飯を食べる量を確認する
  • トイレのチェックをしてみる
  • 触れ合いやブラッシングで体の異常をチェックしてみる
  • 体が震えていないか触って確認する
  • 最近の環境の変化を振り返ってみる

それぞれ詳細を確認してみましょう

ご飯を食べる量を確認する

食欲は、愛犬の健康を測るバロメーターになります。

いつもと同じ量の食事を与えてみて、どのくらい食べるかチェックしてみましょう。

  • 食事に口をつけようとしない
  • いつもの量を残す
  • 食べるのが遅い

元気がないことに加え、以上のような特徴が見られるなら注意が必要です。

しばらく続くようであれば一度診察を受けたほうが良いでしょう。

トイレのチェックをしてみる

元気消失の理由が体調にある場合、便に異常が見られることもあります。

愛犬の排泄物をチェックしてみましょう。

たとえば、便に以上のような特徴が見られる場合、早めにかかりつけ獣医の診察を受けてください。

  • 下痢をしている
  • 便に血が混じっている
  • 便がタール状である
  • ゼリーのような粘液が付着している

便の異常は内臓疾患のサインになっていることも多いので、愛犬に元気がない場合は注意深くチェックしてみましょう。

触れ合いやブラッシングで体の異常をチェックしてみる

普段のスキンシップやブラッシングで、愛犬の体に異常がないかチェックします。

たとえば以下のような場合、いつものスキンシップを嫌がるかもしれません。

  • 隠れた外傷がある
  • 皮膚や関節に異常がある

愛犬の全身をまんべんなく触ってみて、「外傷がないか」「異常な反応をしないか」を確認してみてください。

体が震えていないか触って確認する

愛犬の体に震えがないかも重要なチェックポイントです。

犬はストレスや体調不良のシグナルとして体が震えることがあります。

体の震えは、例えば以下のようなことが原因の一つです。

  • 関節の痛み
  • 寒さ
  • 恐怖や緊張によるストレス

体が震えていないかどうか、優しく撫でて確認してみてください。

最近の環境の変化を振り返ってみる

愛犬の周りで、最近大きな環境の変化がなかったか整理してみてください。

環境の変化から来るストレスが原因かもしれません。

人間と同じく、犬も環境の変化でストレスを貯めることがあります。

例えば、最近以下のようなことは無かったでしょうか。

  • 仲の良かった家族や同居ペットとの離別
  • 家の引っ越し
  • 出産や新たなペットのお迎えなど家族の増加
  • 家族間の関係の悪化

ストレスが原因で元気を失っている場合は、その理由を取り除けば元気になることがあります。

愛犬が元気をなくした時期に何があったか振り返ってみましょう。

犬はどんなときに元気がなくなるのか

そもそも、犬はどんなときに元気をなくすものなのでしょうか。

犬が元気をなくす原因はいくつか存在し、例えば以下のようなタイミングでよく見られます。

  • 通院のあと
  • 外出ではしゃいだあと
  • ケガや病気で苦しいとき
  • 部屋の温度が犬に合っていないとき
  • ストレスが溜まっているとき
  • 引っ越しや模様替えのあと

それぞれ詳しい理由を確認してみましょう。

通院のあと

犬が元気をなくすタイミングとして代表的なのが、動物病院に通院したあとです。

犬によって性格の差はありますが、動物病院が苦手な子は多く居ます。

  • 他の動物がいる待合室が怖い
  • 先生に体を触られたくない
  • 子犬のころに打った注射が痛かった

など、様々な理由から動物病院を嫌がることがあります。

通院後に元気がなくなる場合、時間とともに解決することも多いです。

病院の帰りに元気がなくなるようであれば、リラックスできる環境で休ませてあげましょう。

また、病院に行ったあとにおやつをあげるなど、ある程度トレーニングで苦手意識を克服させることもできます。

外出ではしゃいだあと

人間の子供が遊び疲れで寝てしまうように、犬も外で遊んだあとは疲れて大人しいことがあります。

  • ドッグランでたくさん走り回って疲れてしまった
  • 犬仲間と一緒に遊んで頑張りすぎてしまった

こんな場合は体力を消耗してスイッチOFFになります。

遊び疲れただけであれば、多くの場合健康に問題はありません。

いつも通りお水とご飯をあげてゆっくりと休ませてあげてください。

ケガや病気で苦しいとき

ケガや病気で苦痛を感じているときも元気がなくなることは多いです。

表面的には元気消失以外に異常がないように見えても、体調が悪くぐったりしているのかもしれません。

  • 元気のない期間が長い
  • 食事の量や便にいつもと違うところがある

こういった場合は獣医師に診てもらった方がよいでしょう。

部屋の温度が犬に合っていないとき

部屋の温度が愛犬にとって暑すぎる・寒すぎる場合も元気がなくなる原因になります。

一口に「犬」と言っても、犬種によって出身地や生態は異なります。

当然適温もその子によって異なるので、愛犬に合わせた温度調整が必要です。

エアコンや暖房器具などを使って室温を調整してください。

なお、人間と犬では背の高さが異なります。

人間にとっては適温でも、犬のいる低い位置とは温度が違うかもしれません。

犬の体高だと、下からの温度をダイレクトに受けます。

特に冬場は床が底冷えしていないか気にかけてあげましょう。

ストレスが溜まっているとき

日々の生活の中でストレスを貯めており、それが原因で元気を無くしていることもあります。

犬はデリケートな一面を持っており、ちょっとしたことでもストレスを感じてしまうことが多くあります。

例えば、以下のような要因が代表的です。

  • 外飼いで寂しい思いをしている
  • 散歩の時間が短く運動不足
  • 飼い主の精神状態が不安定なのを感じている

ストレスを溜め込んで元気を無くしている場合、原因を取り除けば回復することも多いです。

普段の生活で愛犬にストレスを与えそうなことがないか確認してみましょう。

引っ越しや模様替えのあと

引っ越しや大幅な模様替えなど、大きな環境の変化に戸惑って元気をなくすこともあります。

知らない場所を警戒していたり、新しい場所に馴染めていないのです。

愛犬を連れて引っ越しをする場合、身の回りのものを新調せず取っておくことをおすすめします。

ペットサークルや犬用毛布、使っていた食器などは以前と同じものを利用すると良いでしょう。

環境が変わっても、前の家の匂いがするものがあると安心するようです。

犬の元気消失は病気のサインの場合も

犬の元気がない原因は病気だけではありません。

しかし、元気消失が長期間に及ぶ場合は何らかの疾患のサインである可能性も考えられます。

この章では、疾患に伴う犬の元気消失について、以下の順に紹介していきます。

  • 元気消失を症状とする疾患は多い
  • 不安な場合は獣医師に相談する

一つずつ詳細を見てみましょう。

元気消失を症状とする疾患は多い

犬の病気では、初期症状として元気消失が現れるものは少なくありません。

犬の疾患として代表的な以下の病気も、元気消失から判明することがあります。

  • 急性胃腸炎
  • フィラリア
  • 犬パルボウィルス感染症
  • マダニ感染症

怖い病気ばかり挙げてしまいましたが、元気消失が症状の病気は非常に多様です。

そのため「元気がない=重篤な疾患」とは限りません。

大げさに心配する必要はありませんが「よく見られる病気の症状の一つである」と覚えておいてください。

不安な場合は獣医師に相談する

「元気のない期間が長い」「食事を取らない」「いつもと違う便が出る・便が出ない」など、明らかに異常が見られる場合は病気にかかっている可能性も考えられます。

速やかにかかりつけの動物病院に相談してください。

もし「診察を受けた方がよいか迷う」という場合は、動物病院に電話して獣医師に判断を仰ぐのがおすすめです。

獣医師が非常事態だと判断すれば「早めに連れてきてください」と指導されます。

まずは電話で連絡し、異常を感じる点と、愛犬の現在の様子を伝えてみてください。

まとめ

大切な愛犬に元気がないと、飼い主さんであれば誰でも不安になるものです。

特に、元気消失はケガや病気の代表的な症状の一つなので、「うちの子、もしかして病気?」と心配になるかもしれませんね。

こんなときは、ご紹介したチェック内容を是非参考にしてください。

なお、以下のような場合は獣医師の診察を受けてください。

  • 自分なりに調べてみたけれど理由が分からない
  • 行動や便などに明らかな異常がある

また、病気かどうか判断できない場合も、念のため診てもらうことをおすすめします。

異常があれば治療してもらえますし、異常がない場合も健康チェックや飼育のアドバイスを受けられるので無駄にはなりません。

心配であればかかりつけ獣医に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です